神奈川県の西側にある大磯は、元々旧財閥や著名人の避暑地とし知られており、日本で初めて海水浴場になった地としても有名です。
最近では、ノーベル物理学・医学賞を受賞した大隅良典先生が在住している地域でも知られています。
東京駅から約1時間30分電車に乗ることで到着しますが、ビルが立ち並ぶ風景から川を幾つかわたるごとに工場地帯や住宅地や山など徐々に自然豊かに変化し、大磯駅に降りた時には山からの木々の香りと相模湾からの潮風の匂いを感じます。
海水浴場までの道のりを歩くときに、天気が良ければ地平線を見ることもでき、夏場は海水浴客が多く賑わっていますが、不定期で開催される地引網の体験と毎月第3日曜日には漁港にて朝市が開催されて、地元で取れた水産物や名産も販売されています。
その他には、大磯町のマスコットキャラクターにもなっているアオバトも神奈川県の天然記念物にしていされており、5月初旬から10月ごろまで海岸で見ることもできます。


母子家庭

母子家庭を徹底サポートするお役立ち情報サイトです。
www.bosikatei.info/